インプラントについて

  1. インプラントについて : たくさんの歯がなくってしまった場合
  2. トップページ

たくさんの歯がなくってしまった場合

この方は弟さんが歯科医の方です。以前から年に4回、近くの歯科医院に通われていました。
しかし、上の歯はすべて抜歯となり、下の両側の臼歯も歯がありませんでした。
インプラント治療をされて5年経ちますが、QOL(Quality of Life)は、著しく向上しました。

  1. 治療前(Before)
  2. 治療後(After)
    • 治療前(Before)
    • 治療前(Before)
    • 治療前(Before)
    • 治療後(After)
    • 治療後(After)
    • 治療後(After)

人がどのように総入れ歯になるのか、説明します。 まず、どんな人でも、一気にすべての歯が無くなって総入れ歯になるのではありません。 最初に6歳臼歯(第一大臼歯)に虫歯が出来ます。なぜ虫歯になったのかについては教えてもらえず、歯医者さんで詰め物だけをします。そして、また大きな虫歯が出来ます。歯の神経を抜いて、また大きな虫歯が出来、歯を抜くことになります。前後の歯を削りブリッジ(橋渡し)となります。2本の歯で3本分の力がかかり、どちらかが、力に負けてダメになり、より大きなブリッジになります。そして、何本か歯が無くなり、部分入れ歯になるのです。このような経過をたどる方は、なぜ虫歯になったのか、どうすればこれ以上悪くならないのか、教えてもらっていないので、上下左右の1箇所だけでなく、次々と悪くなります。奥歯がなくなると、下の前歯が上の前歯を突き上げて、 ついに上の前歯がぐらぐらになって上の総入れ歯となるわけです。そして、下の前歯しか残っていないので、そこばかりで噛むために、遂に下の歯も総入れ歯となってしまいます。
「あなたは総入れ歯にするしかありません。」と言われて嬉しい人はいません。どうしてこんな事になったのか、何とか別の方法はないのか考えられた方は、どうぞご相談に来てください。

お気軽にご相談ください。みなさまからのご相談をお待ちしています!

当サイトでは、インプラント治療についての疑問・質問を随時受けています。京都の歯科医院のインプラント専門医(歯科医)が、皆様から寄せられたインプラントに関するご相談にお答えします。
相談員についての詳細は、このサイトについてをご参照下さい。

無料ご相談はこちら

お電話によるご相談 すぐにご対応させていただけます!

京都でのインプラントのご相談を承ります。
インプラントは直接ご相談されることをおすすめしております。当院は京都ですが、京都以外からもたくさんのご相談、治療にお越しいただいております。当サイトの相談員である井上祐利が院長をつとめるインプラント 京都再生センター | (いのうえまさとし歯科医院内)にて直接面談での相談をご希望される方は、お電話かお問合せフォームにてご予約下さい。

電話受付時間は、月曜から金曜までは、9時から13時と15時から20時まで、土曜日は、9時から13時までのみ、インプラント相談直通ダイヤルは、075-724-4182(よいはに)まで

インプラント相談室

スマートフォンサイトはこちら