インプラントについて

  1. インプラントについて:インプラントとは?
  2. トップページ

インプラントとは?

インプラントとは?
インプラントは、歯科の世界に限った用語ではありません。
身体の中に入れること、若しくは入れる物のことを言います。
歯科では、顎の骨の中に入れる人工の歯の根っこのことと考えてください。

■ デンタルインプラントとは

人工歯根のことを英語ではデンタルインプラント(dental implant)とよび、歯科におけるインプラント治療とは、一般的に人工歯根によって新しい歯を作ることです。現在、用いられている多くのインプラント材料は純チタン製で、骨との親和性が極めて高く、骨の中に植立させた一定の治癒期間後には、インプラントの周囲を新しい骨がとり囲み、インプラントと骨の直接結合が得られます。
インプラント以外の従来の治療法には様々な問題があります。
例えば、残った隣在歯を利用して固定性のブリッジを作製する方法は、健康な歯を削らなくてはなりません。いったん削られた歯は、う蝕(虫歯)や歯周病(歯槽膿漏)になりやすく、これらの歯を失うとさらに大きなブリッジ(架橋義歯)や取り外しの入れ歯(可撤性義歯)に再度作り換えなければなりません。
また、入れ歯は食べにくかったり、話しにくかったりします。大きく口を開けると入れ歯が飛び出さないか、といった不安な気持ちのために、積極的に生活を楽しめない患者さまも多数おられます。
インプラント治療では失った歯の部分のあごの骨(顎骨)にチタン製の人工歯根(フィクスチャー)を植立し、その上に人工の歯(上部構造)を固定します。インプラント治療によって歯の欠損を修復すると、取り外しの入れ歯の異物感から解放され、もとの自分の歯とほぼ同じようにものを噛むことができます。また歯が一本もない場合にも、インプラントを数本植えることにより入れ歯をしっかりと固定する事が可能になります。従来の入れ歯でよく問題となったがたつきや、食べカスがはさまる事による痛みも解消されます。
インプラント義歯によって噛む能力(咀嚼機能)が回復すると、バランスの取れた食事がとれるようになります。気兼ねなく旅行や食事を楽しむ事ができます。歯と共に失った、快適で健康的な生活をインプラントによって取り戻すことができるのです。
当院では、市販されている数多くのインプラントの中から基礎研究と臨床研究が十分に行われている、ノーベルバイオ社のリプレイスインプラントシステムとカルシテックインプラントシステム(世界で第1位と第3位のシェアー)を使用しています。これらのインプラントシステムは世界中の大学病院や歯科医院で使用され、学術論文においても安全で高い生着率があると評価された製品です。

■インプラント治療のステップ

1) 診査と治療計画
インプラントの治療においては術前の診査と治療計画がとても大切です。インプラントを植える骨の量、質、粘膜の状態だけでなく、糖尿病や心疾患などの全身検査も不可欠となります。虫歯や歯槽膿漏歯がある場合にはインプラント手術前にきちんと治療しておかなければなりません。手術前までには、正しい歯のみがき方の訓練と歯石の除去が必要となります。場合によっては手術前後に、保存不可能な歯の抜歯や歯科矯正治療が必要となる患者さまもおられます。

2) 手術前の準備
インプラントの植立前には歯の型をとり、最終的な出来上がりの状態を模型上で再現し、サージカルステントやレントゲンステントを作製し、残っている骨の状態をレントゲンやCTで詳しく調べます。これらの資料を参考としてインプラント(フィクスチャー)埋入位置、上部構造の様式、骨移植などの必要性を診断します。

■ インプラントを埋入する骨がない場合

インプラント埋入のための骨がないにもかかわらず、インプラントを希望される場合には骨移植という方法があります。これは将来インプラントを埋入する場所を作ったり、顎骨の形態修正するために顎の骨を移植したり、人工の骨を用いて骨の量を増加させる方法です。

■ インプラント治療期間

インプラント治療では、まずインプラントが骨と結合するのに、普通は、下顎で2~4ヵ月、上顎で4~8ヵ月かかります。骨移植を伴う症例では通常は骨を移植して4~6ヵ月の治癒期間のあとにインプラントの埋入が可能となります。さらに、歯の欠損部位だけを直して治療が終了することはまれで、矯正治療や歯周治療を合わせて行う場合が多く、全体の治療期間が1年以上かかることもまれではありません。

■ インプラント治療に適さない患者さま

  1. 1) あごの骨の量が少なくインプラントの植立が不可能なかた。
  2. 2) チタン(タイタニウム)に対する金属アレルギーのあるかた。
  3. 3) 上部構造に使用する貴金属に対するアレルギーのあるかた。
  4. 4) ヘビースモーカーで、術前術後の禁煙が不可能なかた。
  5. 5) 糖尿病のコントロールがよくないかたやその他の重篤な全身疾患をお持ちのかた。

こうした患者さまにはインプラント治療は適しません。

■ インプラント治療の合併症、偶発症、後遺障害

インプラント手術の結果、問題となるような重い障害が起こることはほとんどありません。しかし、どのような手術や治療においても、まれに問題が起こる可能性はあります。特に顎骨内に異物を埋入するインプラント手術では、多様な合併症、偶発症、後遺障害の可能性があることを十分に理解してください。

1) 手術に伴うもの
手術に伴う合併症、偶発症、後遺障害は、主に機械的損傷、創部の腫脹、および術後の腫れが原因として考えられます。また時期的にみると手術時から短期間に認めるものと長期的に症状が固定されるものに分類されます。以下には、起こる可能性のあるすべてではありませんがその代表的な臨床症状と対応の概説を示します。 〔手術時から短期間のもの〕
症状:出血、術後の腫れ(発赤腫脹)、痛み、皮下出血班(青あざ)ができ、まれには口唇の知覚異常(くちびるがピリピリするなどの感覚異常)、開口障害(口が開きずらい)、顎関節の痛みや音がする、口角炎(口を開けると口角が裂ける)、などがあります。また細菌感染や創部がし開(傷が開く)し、治癒が遅れる場合もあります。極めてまれなことにはインプラントの上顎洞への迷入、ドリリングのバーの破折パーツ器具の誤飲誤嚥、隣接歯の削除、隣接歯の脱落、歯槽骨骨折、下顎骨折、などの可能性があります。
対応:上記の手術中の出血を含めた合併症・偶発症などについては患者さまに最善と思われる処置を適切に行います。また手術直後から数週間以内の通常にみられる術後の腫れ(発赤腫脹)、痛み、皮下出血班(青あざ)症状などに対しては指示された抗生剤の服用や場合によっては抗生剤の点滴、軟膏の塗布でほとんどのケースは数週間で自然に改善します。また、治癒が長引いたり遅れる場合には自宅での安静療養が必要になります。これらの点に関してさらに詳細を知りたい方は担当医にお尋ね下さい。
〔長期的なもの〕
臨床症状:唇や舌の知覚麻痺(感覚がなくなる)が継続したり、骨膜炎、骨髄炎、骨壊死、副鼻腔炎(上顎洞炎)などがあります。
対応:こうした術後の長期的な合併症・偶発症・後遺障害については、患者さまに最善と思われる処置を適切に行います。

2) 上部構造の歯に伴うもの
極めて硬いものや石などを噛むと陶材(セラミック)の人工の歯は割れることがあります。その際派セラミック部分を取り替えることができます。また、インプラントはネジ構造でできており、歯を固定した小ネジのゆるみや破折が生じる可能性があります。通常のネジのゆるみは、決められた定期検診に起こしいただいている患者さまでは、問題となることはほとんどありません。また、時間の経過とともに上部構造の歯や歯肉色の変色の可能性があります。

■ インプラントセルフチェック

以下の項目で該当すると思われるものにチェックをつけてみてください。

  • 硬いものが噛めない
  • 歯がグラグラしている
  • 抜けてしまった歯がある
  • ブリッジ、入れ歯があわない、痛い
  • 食事が十分に楽しめない
  • 口臭が気になる
  • 思いっきり笑ったり、歯を見せて話をする自信がない
  • 顔が老けて見える、また老けて見えるとよく言われる
  • 健康な歯は、これからもできる限り残したい
  • 旅行や運動を積極的に楽しみたい

5つ以上チェックがある方は、インプラント治療について一度ご相談下さい。

お気軽にご相談ください。みなさまからのご相談をお待ちしています!

当サイトでは、インプラント治療についての疑問・質問を随時受けています。京都の歯科医院のインプラント専門医(歯科医)が、皆様から寄せられたインプラントに関するご相談にお答えします。
相談員についての詳細は、このサイトについてをご参照下さい。

無料ご相談はこちら

お電話によるご相談 すぐにご対応させていただけます!

京都でのインプラントのご相談を承ります。
インプラントは直接ご相談されることをおすすめしております。当院は京都ですが、京都以外からもたくさんのご相談、治療にお越しいただいております。当サイトの相談員である井上祐利が院長をつとめるインプラント 京都再生センター | (いのうえまさとし歯科医院内)にて直接面談での相談をご希望される方は、お電話かお問合せフォームにてご予約下さい。

電話受付時間は、月曜から金曜までは、9時から13時と15時から20時まで、土曜日は、9時から13時までのみ、インプラント相談直通ダイヤルは、075-724-4182(よいはに)まで

インプラント相談室

スマートフォンサイトはこちら